ジニアスeyeで視力回復!

スマホやパソコンの普及によって、視力が悪いという悩みを抱える人が増えています。特に若い人や子供たちまでが視力低下の傾向にあるそうです。昔はファミコンのやりすぎで、子供の視力低下が問題になりましたが、時代背景が違いますからね。視力回復の方法というのは、いくつかありますが、ジニアスeyeという教材を紹介したいと思います。ジニアスeyeは川村明宏という人が開発した視力回復法の総称になります。

 

ジニアスeyeは目の筋肉をトレーニングをすることで、視力回復を目指します。スマホなどで近い所を見つめることが多いとレンズのピントを合わせる筋肉が弱ってしまい、それが視力低下につながるということなのです。ピントを合わせるための筋肉は眼筋という言い方をしますが、眼筋を動かし、定期的にトレーニングすることで、ジニアスeyeは視力の回復を図るのです。視力が低下すると、コンタクトレンズはメガネの着用など、わずらわしいことが増えますから、ジニアスeyeのトレーニングプログラムで定期的に眼筋を鍛えたいですね。

 

ちなみに、ジニアスeyeは速読術の副産物として生まれたという話をどこかで聞いたことがあります。速読では文字を目で追うスピードを速くするので、眼筋が鍛えられ視力回復効果があるということらしいです。なんにせよ、視力回復に興味がある人は、ジニアスeyeを試すしかないということですね。